個人事業主とは?|わかりやすいFP3級用語解説

こちらの記事では、「個人事業主」という用語ついて、解説をしていきます。

ご自身が「個人事業主」の方にとっては、問題がない用語ですよね。

でも、個人事業主になったことがない方にとっては、イメージがつきにくいと思います。

個人事業主とは、どんな人のことか。

わかりやすく解説していきますね。

目次

個人事業主とは?

個人事業主とは、簡単に言えば、「個人で事業をやっている人」です。

法人(会社)ではなく、個人のままで事業を行う人のことを、個人事業主と呼びます。

具体的には、「会社員から独立をするなどして、税務署に開業届を出す」ことで、個人事業主になります。

※個人事業主は、法律上定められている分類です。

ポイントは3つ

つまり、「個人事業主」のポイントは、3点です。

1つ目は、「法人ではない」ということ。

2点目は、「事業をやっている」ということ。つまり、会社員ではないということ。

3点目は、「税務署に開業届を出している」ということです。

ちなみに、開業届というのは、以下のような書類になります。

イメージしやすいように

例えば、以下のような方だとイメージしやすいと思います。以下の例に近いような、自分の身近な人をイメージすると、良いと思います。

・個人で居酒屋さんをやっている店長さん
・個人でピアノ教室をやっている先生
・独立している個人でやっている弁護士さん
・独立して、個人でファイナンシャルプランナーをしている人
・1人で絵を書いたり、デザインをしているデザイナーさん

他にも、色んな職業の方がいらっしゃいます。

FP3級のテキストに「個人事業主」という言葉が出てきたら、「誰かの顔を思い浮かべながら」学んでみてください。

記憶にも残りやすくなりますし、楽しく学ぶことができますよ。

それでは、FP3級の試験、引き続き、楽しみながら学んでくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

張替 愛のアバター 張替 愛 独立系FP

張替 愛(はりかえ あい)
ファイナンシャル・プランナー(AFPⓇ)。FP事務所マネセラ代表。保険などの金融商品を販売せずに年間100件近くマネー相談を行う。講座、記事の執筆監修・取材協力などの実績も合計300件以上。小学生2人のママ。

FP事務所マネセラ
https://manesera.com/

目次